学会誌は下記の執筆要領に沿って作成の上、ご投稿ください。

論文投稿時の送付状はこちらよりダウンロード可能です。

ダウンロード
原稿送付状
cover-letter.docx
Microsoft Word 39.2 KB


開発技術学会では同学会誌掲載のための開発技術をテーマとして投稿論文を募集しています。興味のある方は以下の要領で執筆をお願い致します。投稿論文の採否は編集委員

           会による審査で決定します。

 

 採用論文については一件あたり50,000円を掲載費用として請求します。

 

1. 原稿の種類は次の2種類とし、(1)については原著論文とする。なお、編集委員会による

     審査の結果、原稿の種類の変更を依頼する場合がある。

 

   (1)研究論文:

           開発技術に関連する独創的な仮説・方法論などに関する研究もしくは、実際的な問題

           の究明や解決を目的とする論文とし、未発表の成果とする。

 

   (2)解説  :

           本会に関係のあるテーマについて、その方面の進捗の状況、現状、将来展望、成果な

           どを分かりやすくまとめたものとする。

 

2. 原稿分量は、和文の場合は400 字詰原稿用紙、英文の場合はA4 判タイプ用紙(ダブル

      スペース12 ポイント23 行)いずれも50 枚程度までとする。原稿は、横書、新仮名遣いに

     よって書く。

   ワープロ、パソコンを使う場合には字数が容易に判るようにする。英文の場合は必ずタイ

     プ原稿であること。

 

3.  上記の原稿分量には図表を含む。刷り上がり1 ページは和文1,800 字となる。したがって、

   たとえば図の刷り上がりサイズが学会誌判ページ大なら原稿用紙2 枚強に相当する。

 

4.  上記2. の書式で和文及び英文で合わせて1 ページ以内のアブストラクトと、論文内容を表す

   キーワード5つ以内を添付すること。なお、英文については、タイトルの各単語(途中にく

      る冠詞、前置詞などを除く)の先頭の文字は大文字で表記し、原稿は著者の責任におい

      て、必ずネイティブ・チェックをしてもらうこと。

 

5.  論文は、和文または英文で記載する。

 

6.  論文にしばしば繰り返される語は略語を用いて差支えないが、初出の時は完全な用語を

  用い、以下に略語を使用することを明記すること。

 

7.  脚注は本文末尾にまとめること。

 

8.  本文中の参考箇所では、(  )で著者の姓と 発行年を記載し、参考文献の一覧は文末

  に、著者のアルファベット順(同一著者の文献が複数ある場合は発行順年)で記載する。

  なお、著者が2名の場合は、英文の場合は、著者名をandで記載し(Smith and Jordan

     2010)、和文の場合は、「 , 」で(山田,醍醐 2016)記載する。

   本文中の表記例①:~の事例が報告されている(山田1995)。

   本文中の表記例②:山田(1995)の調査によると~

 

9.   図、表はそれぞれに一連番号をつけ、図1、表1 のような形で掲載する。また、本文中に

     挿入箇所を明示する。

 

10.   参考文献は、脚注の後に著者のアルファベット順、年代順に記す。

例:

  ●  吉川弘之(1995): 開発における工学教養の必要性. 開発技術, 1, 3-10.

  ●  足立芳寛, 松野泰也, 醍醐市朗, 瀧口博明(2004): 環境システム工学, 東京大学出版会,

    東京,161 pp.

  ●  Daigo, I.; Osako, S.; Adachi, Y.; Matsuno, Y. (2014a): Time-series analysis of global

    zinc demand associated with steel. Resources, Conservation and Recycling, 82, 35?40.

  ●  Daigo, I.; Nakajima, K.; Fuse, M.; Yamasue, E.; Yagi, K. (2014b): Sustainable materials

    management on the basis of the relationship between materials’ properties and human

    needs. Materiaux & Techniques. 102, 506.

  ●  Birat, J-P; Daigo, I; Matsuno Y. (2013): 4.3. Methods to Evaluate Environmental Aspects

    of Materials / in (Ed.) Seetharaman, S: Treatise on Process Metallurgy, Volume 3:

    Industrial Processes. Elsevier, London, UK. 1810 pp.

 

11.   論文は、次の3つのファイルを添付した電子メールの送付により行う。なお、投稿論文は

   返還しない。

 

      (1)原稿送付状:原稿送付状は次のURLよりダウンロードして利用する:

     https://www.ides-kaihatsu.jp/gatukaismain/gatukaisyoukou/

 

      (2)本文等

 

      (3)執筆者略歴(200字以内:現職、生年月日、最終学歴、職歴、主要業績、連絡先等)

 

     原稿送付及び問合せ先:

       開発技術学会事務局 E-mail:ides@r3.dion.ne.jp

 

12.   投稿論文の採択および掲載順は、編集委員会において決定する。掲載にあたり、内容・

        体裁等に修正が必要であると判断された場合には、投稿者と相談する。

 

13.   編集委員会で掲載可となった原稿は、掲載用原稿として、本文と図表とに分け、本文は

   Word形式、図表はPowerPoint形式あるいはExcel形式とする。図、表は1枚の用紙に

        ひとつだけ記載し、図、表それぞれに一連番号をつけること。また、本文中に挿入箇所

        を明示すること。

 

14.   本誌に掲載された原稿の著作権は、原稿受理日から開発技術学会に帰属する。ただし、

       著者本人の利用に関してはこれを妨げない。


Papers for publication should be sent in duplicate to the secretariat as well as their electronic data. Submission of a paper will be held to imply that it contains original unpublished work and is not being submitted for publication elsewhere. All manuscripts will be refereed. Upon acceptance of an article, author(s) will be asked to transfer copyright of the articles to the publisher, and obliged to pay 50,000 yen for the publisher as its cost. 

 

1. Manuscripts should be typewritten in double-space. Table, references and figures should be

   typed or drawn on separate pages. The length of a manuscript should be not more 50 pages

   including tables, references and figures.

 

2.  The first page of the manuscript should contain the following information: (i) the title; (ii) the

   name(s) and institutional affiliation(s) of the author(s); (iii) an abstract of not more than

   200 words. The abstract will be translated into Japanese.

 

3.   Acknowledgments and information on grants received can be given before the References

   or in the first footnote.

 

4.   Footnotes and references: Footnotes should be typed at the end of the manuscript. In the

   text and footnotes, references at the end of manuscript should be indicated by the name(s)

   of author(s) and the year of publication, such as Urata(1991). The list of references at the

   end of the manuscript should comply with the following point:

   Reference to a paper

   H. Krauch(1971),“Priorities for Research and Technological

   Development,”Research Policy 1, 28-39.

   Reference to a book

   A. Etzioni(1968), The Active Society, The Free Press, New York, p.272

 

5.   Manuscripts should be accompanied by short personal history or histories of the author(s).